11月 242012
 


上でまとめ画像貼ってから個別画像を貼るのって無駄だなあと思ったのです。でも実際の画像を貼るのもおっくうなのですよ。なんかごめんね。
まずはこのふき取り棒。布が中で取れる心配は無いですし、付けにくいこともありません。
でも使う前に洗った方が良いですね。布なので中に毛糸が散乱します。ほんの少しですが。
値段相応ですが、利便性が高いですね。


さあ、問題のホッパウダーです。
何が問題か分からない人はこの画像を見て下さい。


ひっくり返してパウダーを付けて、それをパフで付ける。これが基本なのですが、パフを見て下さい。
そう、穴の部分しか付かないじゃないですか。制作者は何を思ったのか、これで何度もぱふぱふしろと言っているのですよ。
無駄なパウダーが付かないのでエコにはなるのですが、精神的には全然エコじゃ無いんです。
市販のベビーパウダーのほうが付けやすし良い香りがしますよ。ちなみにセットで購入した場合、備考欄に「おにゃのこ香りタイプが欲しい」と記入しないと貰えないそうです。迂闊。
今使ってるベビーパウダーが無くなったら詰め替えて使おうかな。せっかく買ったんだし。
なんにせよこれは実用的じゃありません。穴の開いたカバーを外せば?と言われそうですが、外して使う物ではないとホットパワーズに言われたので外しません。


さあ、購入したら糸くずがはみ出ていてハサミでチョキチョキしたちゃちな布きれです。
可も無く不可も無く…言うことがありません。大型オナホールを使う場合、この巾着の上に乗せて使えると言う利便性も兼ね備えていて意外な長所を垣間見ることができました。

はい、3点の総評。値段相応。
1,047円でこれだから…まあ、普通じゃないかな。
特別安いってこともないし、高いってほどでもない。なんせ大量生産する物じゃないから日本で作っていますしね。
巾着は知らないけど、他の2つは日本でしょ。でも何というか、特徴がありませんね。
ただ製品を作って提供してるだけって感じ。アイデア製に欠けます。
ふき取り棒のアイデアはまあ良かったのですが、後の2つがねえ。
ホッパウダーはパウダーがこぼれにくく、尚且つ付けやすくするとか、巾着は中の商品が分かりやすく出来たり。
あのTENGAですら生産中止したオナホールを温める機器をだな…最近だとUSBが良いかも。温める部分を取り外して洗えたら良いよね。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>